PATM研究

自分が居ることで、他人が咳込んだり、くしゃみしたり、痒がったり、化学物質過敏症と同様の反応を引き起こすPATMについて研究するブログです。

皮膚ガス検査

結構前、PATMの方で、名古屋大学発の有限会社ピコデバイスにて皮膚ガスを検査したところ、トルエンが検出されたという情報がネットに書き込まれました。


かねてから、PATMは何らかの微粒子によって起こるものだという可能性も考えていたので、それは或る意味嬉しいニュースでした。



その当時、私も検査しようとピコデバイスにメールを出したものの、ひよって受けられませんでした。



当時、実家に住んでいたので、実家で皮膚ガス補集機器を動かしてたら超怪しまれます(笑)



今でも親にPATMのことは言ってないですが、もう暴露しても良いと思ってます。でも、当時は、絶対言えませんでした。言ったところで「気にするな」と言われるのが世の常ですから。


そんな状態で、あのぱっと見用途不明で謎な音がする機械を使ってたら、理由を問いただされること必至です。



まあ、そんなことは置いといて、私もついに先月皮膚ガスの検査をしてみたんです。



数箇所調べたんで約5万はかかりました。



東海大学では、簡易検査キット取り扱ってるみたいだから、そちらをやってみるのも良いと思います。
値段は分からないけど、タダかも?



さて、トルエンでてるかな~。



まあ、出てましたw
でも、まあ突出して多いわけでもない。



特別気になった物質は、「ギ酸」でした。



ギ酸は、ホルムアルデヒドが酸化して出来るもので、人間のアレルゲンとなりうる物質です。




それの放出が、多いらしい。



シックハウス症候群について研究されてる東海大学教授に尋ねたところ、教授はかねてからギ酸がシックハウス症候群に関わっていることを指摘してきたと教えてくれました。



そんな証拠がつかめても、妄想であってほしいみたいな弱気な自分が出てきますけど(笑)今更w



ギ酸についてネット上の論文などを見て、私なりの現在の仮説を発表しますー!


PATMの原因がギ酸と絞って考えた場合の仮説!

1.PATMの原因は皮膚ガス
2.人にアレルギー反応を引き起こさせるのはギ酸
3.ギ酸は、血液由来の皮膚ガスとして放出
4.血中ギ酸濃度が濃い
5.ギ酸はホルムアルデヒドが酸化したもの(事実)
6.ホルムアルデヒドメタノールが酸化したもの(事実)
7.メタノールは、大腸菌ペクチンを発酵させて生成されるもの(事実)
8.ペクチンは色んな食物に含有されている(事実)


どこかの段階で、リーキーガット症候群によって有害物質が血中に流れ出している。


知識がないため、一つ疑問があるのは、体内で物質が酸化するの?ということ。(調べればいいんだけどw)



想像でしかないけど、血液が肉食によって酸性に傾いてると、血液中の物質が酸化したりすんのかな?


もし、血液中で物質が酸化するのであれば、メタノールの状態で血液中に漏れているはず。。


また調べてみます~。