PATM研究

自分が居ることで、他人が咳込んだり、くしゃみしたり、痒がったり、化学物質過敏症と同様の反応を引き起こすPATMについて研究するブログです。

PATMというキーワード

私はPATMになって、PATMのおかげで自分自身を理解することができたり、身の回りのことができるようになったりしている、とずっと感じてきました。




これからもきっと、PATMを一つのきっかけにして、色々なことに気付いていくのだと思います。




(以下、加筆しまくりで、文があっちこっち飛んで読み辛いかもだけど、吐き出したいから吐き出す)





PATMの現象自体は、本当にダメージが大きいです。大打撃!です。




だからこそ、あらゆる原因の可能性を考え、のろのろ適当短絡的ではありますが、しらみつぶしをしてきました。
(飽き性ゆえ、潰しきれずに次行っちゃったりする)





ある時は、部屋の埃が身体や衣服に付いているのではないかと、部屋の掃除をするようになりました。





自分は、ものぐさなので、PATMがなければそれ程部屋の掃除をすることはなかったと思います。
(掃除も楽したいので、今やミニマリスト)





ある時は、妄想であるということにしようと思い、妄想に効く薬を飲んだことがあります。





確かに、精神は若干安定するものの、それだけです。根本的治癒に繋がりはしませんでした。





あと、精神科医の、「この患者は関係妄想だな」と思いながら、それを悟られないよう診察をするというやり方は苦痛でした。




統合失調症寛解には、愛が必要だと感じます。
周囲の人々の愛によって統合失調症者が寛解してゆく映画「ラースと、その彼女」には非常に感銘を受けたものです。




冷徹な知識による診断方法を患者に読み取られてしまうようなら、治すことはできないんじゃないか?
と、何様だよ目線で思ってしまいました。





本当に妄想であるとしても、精神薬だけでなんとかなるものだとは思えません。食事療法、認知行動療法、運動などあらゆる面からの働きかけは必須だと感じました。





ある時は、発達障害が関係あるのではないかと、発達障害の薬を飲んでみたこともあります。
(コンサータストラテラとかね)
(アスペルガーに効く薬はないから、あの医者ADHDの話を持ち出したんじゃ…?と思ったりしちゃうひねくれ者)




その時に、薬の成分が効き過ぎて酷い目にあったので、もう精神薬だけでなく西洋薬はなるべくのまないようにしようと思うことが出来ました。






ただ、今でも発達障害など、脳機能の障害・腸内環境による脳機能への働きかけなど、PATMに関係ないとは思えません。





最近知った“コッホの原則“の一つ、「ある一定の病気には一定の微生物が見出されること」というのは非常に気になります。




PATM者の、腸内細菌叢が気になって夜も眠れない。ということは決してないですが…。




そういえば、抗生物質を飲めばPATM治るかも~☆なんて思って、風邪引いたときにバンバン抗生物質飲んでたら(処方されたもの)、胃腸が狂って胃腸炎になりました。





なんという愚か者でしょう。





ある時は、スピリチュアルな人にPATMの話をしてみたことがあります。




その方には、「カビくさい老婆(母親の化身)に憑かれている」みたいなことを言われました。




ある意味、それはPATMによって私が教育されているのだという風に解釈できました。




ある時は、腸内環境が問題なのだ!と思って食生活を見直すようになりました。





私は、本来肉好きで、毎食のように食べていました。でも、魚を意識してとりはじめてから、魚を食べた方が腸内の調子が良いということに気付かされました。




ある時は、皮膚ガスを検査したことがきっかけで、シックハウス症候群の原因となる物質を身体にまとってしまっていることも知りました。





自分の部屋にいるときの不快感の原因が分かり、自分に新築マンションは合わないと悟りました。





色々なことに気付くことが出来ても、それをすぐに行動に移せない自分にぶち当たることしばしばです。




色々言い訳しては、めんどくさいから先延ばしする。(ADHD的側面かと)
そんなときに、PATMの現象がガツンとやってきて、悔しさによって奮い立たされることも少なくはありません。




私の目的は、「PATMの原因を解明して、治すこと」だと思っていました。




でも、PATMが治ったところで、私の場合ですが、この社会生活における生きづらさは解決できないことを理解しています。




PATMを治すこと。実はそれは表面的な目的で、本質としては、PATMを通して自分自身を理解することだったのかもしれない、と思っています。




だから常にPATMの解明だけを考えていられなく、でも他のことを考えて導き出した答えが、何かしらPATMに関連づけられたりするのかもなと思います。





これから、色々なかたの働きかけによって、直接的ではなくとも、PATMに関係する研究がなされてくるのではないかと思います。




やっぱりPATMは捏造だ!なんて意見が出て、研究が頓挫する未来に思いを馳せたりなんかしたり。






でもそれは通過点であり、ゴールじゃーない。
私にとってのPATMの完治も、出来るか否かは分からないけど、通過点。





じゃぁゴールは何か?
PATMによってゴールが霞んで見えないのは確かにそうだけど、言い訳に過ぎないかもしれない。






とりあえず、自分を知らなきゃなと思います。

化学物質過敏症、シックハウス症候群

最近TwitterでPATMの方とやりとりさせていただいてる中で、自分がシックハウス症候群である可能性が高いことを感じました。



皮膚ガスを検査した際、足からのギ酸が多かったこと。




この原因は、自分の部屋のフローリングから発生したホルムアルデヒドが酸化して、ギ酸となったものが足裏から吸収、あるいは吸着していたからかもしれません。





それに気付く少し前から、裸足で部屋を歩くと不快感を感じるようになっていました。




ものぐさな私は、スリッパを履くのが嫌いでした。
でも、今や立派なスリッパユーザー💫




足の不快感は、大分取り除くことが出来ています。





かつ、換気扇を掃除して、部屋の換気をしまくって、足湯をすることで、身体のだるさが少し改善されました。




この件でなんとなく思いました。




皮膚ガス由来のPATMって、身体に取り込みたくない化学物質を排出するための、くしゃみや鼻水のような生理現象なのでは?




人の体の中には化学物質を取り込める量が決まっていて、その量を越えると溢れ出して化学物質過敏症やら、アレルギーになったりするらしい。




もうこれ以上無理~(~o~)ってポイって出してるのが私の場合ギ酸なのかもしれない。単純に、吸い込んだものをそのまま吐き出してるだけかもしれない。
分からないけど。
研究者は知ってるかもしれない。





いらない化学物質は取り込まない。
出せる化学物質は出す。
自律神経を整える。



あんまり気にしないのも大切。
気にしない境地に行くまでが難しかったりすると思うけれど。

深夜の小言


今更ながら、リーキーガット症候群て結局なんなんでしょう?



誰が思いついたんでしょうか?



視覚的に腸管壁の穴をとらえることはできないんでしょうか?



情報に踊らされるのも、嘘に騙されるのも、優しい思いやりに足止めされるのも、最小限に留めないと時間がもったいない。



結局のところ、これに限らずとも、直感に従っといたらいいんだろうけど。(直感に従わない癖があるから)

遅延型フードアレルギー検査

1年とちょっと前。
皮膚ガス検査を受けようか悩んでた頃かもしれない。



皮膚ガス検査よりも、気軽に(値段は同等だけど)受けられる、遅延型フードアレルギー検査をしてみたことがあります。



その結果とPATMに関係があるかどうかは分かりませんが、とりあえず掲載したいと思います。




1年前の結果なので、今の状態とは違う結果かもしれません。



結果には変動があるものなので、賛否両論のある検査です。でも、当時(も)切羽詰まってたんで、とりあえず検査してみました。



反応クラスが高めのものだけピックアップ。


反応クラスの説明↓
f:id:exoticnyannyan:20170727002843j:plain



抗体の種類↓
f:id:exoticnyannyan:20170727003143j:plain




卵の反応高すぎぃ!
f:id:exoticnyannyan:20170727001034j:plain

乳製品全体的に高いー!
f:id:exoticnyannyan:20170727001203j:plain

イーストめ!
f:id:exoticnyannyan:20170727001232j:plain


小麦グルテンはほぼ反応なし。
f:id:exoticnyannyan:20170727001548j:plain



乳製品は、確かに摂取するとお腹を壊しやすい感覚があります。



卵についてはその当時、お腹壊しまくって、卵入れたお粥ばっか食べてたせいかな…なんて思ったりも。



あとは醸造イースト。
反応は中程度なんだけど、割と自覚がある。

醤油、めんつゆ…唇ヒリヒリする。
漬け物…お腹壊す。




乳製品も醸造イーストも、普通なら腸内環境を整えるのを助けてくれる存在かと思います。



やんなっちゃうね~



この検査結果、今更ながら捏造であってくれないか?なんてな( ̄。 ̄)

発達障害とピロリ菌とPATM(コメント返し)

前回の記事に、コメントを戴いたので、返信記事です。



返信の文章が長くなっちゃったので、ブログの記事にしちゃいました(・ω・)



コメント内容
~略~アスペルガーの人は腸内環境が悪く、高い確率でピロリ菌に感染しているから、 病院で検査し、抗生物質を投与し、ビフィズス菌を摂取すると改善される~略~



アスペルガー含む発達障害者とPATMの関係は、私自身も以前から非常に繋がりが強いと思っていました。



発達障害の治療をすれば、PATMも治るかもしれないなんていう、今思えば根拠のなさすぎる仮定を立てて薬を飲んだ過去もありました。(勿論治りません)




でも、発達障害とPATMの関係の繋がりの深さについての直感は近からずも遠からずだったかな、と若気の至り(1年前だけどw)に思いを馳せたり馳せなかったり…




発達障害者は概して胃腸が弱い。また、弱いことに気付いてない場合も多いのではないかと思ったりもする。



勿論、全ての発達障害者がPATMになるわけでも、全てのPATMの人が発達障害なわけでもないと思っています。



PATMの人でも、腸内環境が原因じゃない人もいるでしょう。



ただ、PATMの方は、腸内環境悪い人が多い気がしてならない。




PATMになる方で、多くの方が過敏性腸症候群を患った経験のある方が多いと感じています。



過敏性腸症候群の原因は、ストレスだなんて言われてきましたけども、最近は腸内細菌が原因であることが分かってきたみたいですね。



(って、ストレスのせいで悪い腸内細菌が増えてなるんだったら、結局ストレスが原因なのかもしんないけど(そこらへん分かりません(とにかく単純にストレスだけが原因ではないと言いたい)))




で、過敏性腸症候群の原因の一つとしてピロリ菌が被告としてあがっているそうな。




そして、ピロリ菌を除菌すると、過敏性腸症候群が治ったなんていう記事もあるようですね。




除菌には、抗生物質を用いるので、腸内環境を更に悪化させかねないというデメリットもあります。



食道が荒れるとか、仕舞いには除菌すらできないとか(+_+)



まあ、除菌するかしないかは今の所は棚上げしといて、ピロリ菌が体内に存在するか確認だけでもしてみたいと思います。



日本人の10~20代のピロリ菌感染者は、約20%と言われています。



20代の私は、その2割に入ってるか入ってないか、気になります。



正直、PATMの原因の一つとして、私は抗生物質も犯人の一人だと睨み続けてきました。



そんな憎き抗生物質を味方につけて、PATMを制す日も来たりするのでしょうか。

月経前症候群

最近PMSやらPMDDで、色々やる気がなく、PATM研究の気力も希薄でございます(*゚ロ゚)



ところで女性の方、月経前症候群(PMS)のかたいないですかね?



月経前に、体調が悪くなったり、鬱状態になったり。



私はまさにそれです。



そして、ついでにPATMの症状も重くなります。



PMSによって神経過敏になり、周りの咳などの音に敏感になっている」ということも、考えられます。



でも、それだけではないと思ってます。



月経前になると、腸のぜん動運動が弱まるそうです。腸内に、老廃物が溜まり、悪玉菌が繁殖するのだそう。




職場に、喘息持ちの人が居るんですが、私がPMS真っ最中のときに、その人の喘息の症状がピンポイントで酷くなっていました。




毎月毎月確認しているわけではないので、「絶対」とは言い切れないですが、確信めいたものはあります。



なんてったって、これも「腸」に関係することですからね。



腸が主な原因のPATMなら、できることは、腸によい食生活を送ること。腹式呼吸する。軽い運動する。リラックスする…くらいですかね?



腸によい食生活を心掛けるのって、現代社会では結構難しいですよね。



身の回りに、腸にとってあまりよろしくない食事が如何に多いかを実感しています。





余談
どうでもよいけど
どうでもよくはない
身の回りの「P」たち

・PATM
PMS
PMDD
PM2.5
・PDD
・PC
・pH
・people
・picodevice

中国式足つぼマッサージとカイロプラクティック

昨日、自宅の近所にある中国式足つぼマッサージにふと思い立って入ってみました。


(あまりに体の痺れがひどくてしんどくて)



そしたら、施術してくれた中国人女性に



「腸が悪いね~」



って言われました。



その1ヶ月前に、とあるカイロプラクティックにいってみたんです。



そこで、数年前に検査した遅延性アレルギー検査の結果をみせたところ、リーキーガットの可能性があると指摘されました。



仕組みがよくわかってないですが、筋肉反射検査を受けると、小腸にカンジダ菌がいる可能性があるとのこと。




とりあえず、やっぱり腸は悪いのね。




大腸検査とか、小腸検査とか恐ろしいけど、何かわかる可能性があるのなら受けてみたい今日この頃。